【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

仕事

ウェブデザイナーになりたいと、漠然と考えているなかで、
具体的にどのような仕事をするのか良くわからない、という人も多いでしょう。

 

一般的にウェブデザイナーというと「ホームページを作る人」という認識ですね。
確かにこの認識は間違いではありません。

 

しかし、ホームページを作るといってもその内容は千差万別です。
顧客の求めるものによって、具体的な仕事の内容は大きく変わります。

 

またホームページを作のは、デザインをする人間だけではありません。
実際に仕事をとってきて、顧客とのやりとりも担当する営業の人間。
チーム全体を見ながら作業進行を取り仕切るディレクターやプロデューサー。

 

プログラムやコーディングを担当する人間。
さらには、動画や音声を作成する人間も必要になってくることもあります。

 

この全てをひっくるめて「ウェブデザイナー」と呼ぶこともあれば
単にデザインを主に担当する人間を「ウェブデザイナー」と呼ぶこともあります。
このサイトでは「主にデザインを担当する人」をウェブデザイナーとします。

 

ウェブデザイナーの仕事で大きな割合を占めるのが「サイトのデザイン」です。
これはまず、サイト全体のレイアウトを決め、キービジュアルを設定します。

 

一番最初の、おおまかな設計はディレクターが行います。
デザイナーは、ディレクターの意を汲みながらデザインを進めていきます。

 

もうひとつデザイナーの仕事として重要なのが、文章の作成です。
これは、「ライター」と呼ばれる人が別に担当することもあります。

 

どんなにデザインが優れていても、内容がともなっていなければ
意味の無いサイトになってしまいます。
ですから文章の作成は、デザインとおなじくらい重要な仕事となります。

 

次回は、ウェブデザイナーの仕事についてさらに詳しく説明していきます。