【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

年収

前回は、ウェブデザイナーのお給料についての話をしました。
では、具体的に年収ではどれくらいになるでしょうか?

 

これも契約形態やボーナス・残業の有無によって大きく変わってきます。
そういったものを含めた平均的な年収は300~400万円程度です。
やはり、一般的なサラリーマンと同じくらいですね。

 

「ウェブデザイナーならば誰もが多くの年収を得る」というわけではありません。
一流と呼ばれるデザイナーになれば、大きな収入を得ることになりますが
そうでなかった場合は、それなりの年収でしかありません。

 

全てが実力次第という点では、一般的なサラリーマンよりもリスクがある仕事です。

 

ただ、Webデザイナーの業界はいろいろな条件の求人があるので、
同じ人、同じスキルでも、職場次第で全然年収が違ったりします。

 

ですので、就職をする際は、専門のコンサルタントからサポートを受けられる
就職エージェントを利用するようにしましょう。

 

自分の要望に合った求人先を紹介してくれますし、
就職に関するサポートも受けられるので、失敗する可能性をグッと抑えられます。

 

なお、ウェブデザイナーでの経験を積み、
ウェブディレクターやプロデューサーになれば、年収はもっと上がります。

 

ただし、現場の仕事よりも、顧客とのやりとりが多くなります。
営業的な内容も含まれてきているので、やりがいを失ってしまう人もいます。

 

昇格して年収をあげるか、現場の最先端で働くことにやりがいを見出すか、
これもウェブデザイナーが持つ悩みのひとつです。

 

アルバイトとして働く場合は、時給1000円程度として考えると
月収は7~15万程度のスタートになるでしょう。
年収だと、80~180万円ぐらいですね。

 

ただし、アルバイトならば学校や勉強をしながら働くこともできるので、
この年収が高いか低いかはその人それぞれになります。

 

派遣社員の場合、残業代が出ます。
残業無しで働いていれば、年収は200~300万円程度です。

 

泊まり込みや徹夜の多い会社では、かなりの年収を得ることができます。
かなり一生懸命働くことになりますが、年収500万円を超える人もいます。

 

ただ、そういった人はたいてい次の年に会社側から引き抜かれます。
そうすると、残業代が無くなってトータルで年収が減ってしまったと嘆く人もいます。
派遣から正社員へ移行する人は、そういったことにも注意する必要があります。