【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

給料

これからウェブデザイナーになりたいと思っている人が、
最も関心を抱いているのは、お給料のことですよね。

 

ウェブデザイナーと一括りにしていますが、その雇用形態はいろいろあります。
当然その形によっても、お給料に違いが出てきます。
それぞれの雇用形態ごとに、簡単に現状の賃金体系を説明しましょう。

 

アルバイト

まず、アルバイトの場合です。基本的には、時給で働くことになります。
会社によってピンからキリまでありますが、時給800~1500円程度です。

 

たいていの場合は、1000円前後となりますので
それほど割の良いバイトではありません。

 

しかし、プロの仕事を間近で見ることができるので
お金にはかえられない、"経験"を得ることができます。

 

正社員

正社員の場合は、決められた月給だけではなく、
ボーナスや残業代の有無によって、最終的なお給料は大きく違ってきます。
基本給は月給15万円~30万円後と、平均的なサラリーマンと同じくらいです。

 

しかしウェブデザイナーの場合、学力や年齢などはあまり考慮されません。
実力次第で、若いうちからでも高いお給料を得ることが可能です。

 

その反面、実力が評価されなければ、
厳しい内容のお給料になってしまうリスクもあります。

 

ただ、近年ではそういった不安定さを避けるために、
ある程度年齢や勤続年数などを考慮した賃金体系を採用している会社もあります。

 

ちなみに正社員で仕事を探す場合は、自分で探すよりも、
マイナビなど、無料の就職エージェントを利用した方がいいでしょう。

 

なぜかというと、一般に条件のいい求職情報というのは、

求人誌、求人サイトなどで非公開になっていて、就職エージェントを通してでないと、

知ることができない場合が多いからです。

 

また給料、待遇など自分の希望に沿った求人を専門コンサルタントが紹介してくれますし、
求職者は面接の練習など就職に関するサポートも受けることができます。
これが無料ですから、利用しない手はないです。
(マイナビの場合、すぐに転職する予定がなくても、登録可能です)

 

派遣社員

次は、アルバイトと正社員の間と言ってもよい、派遣社員についてです。
これも、契約によっていろいろ違いはありますが、
たいていは、時給で働くことになります。

 

経験者であればこの時給は高く、1000~2000円程度もらえます。
そして、残業代が出るだけでなく、派遣会社の福利厚生や有給休暇など
を受けられる場合がほとんどです。

 

正社員でも、これらの恩恵を受けることができない場合と比べると、
派遣の方が最終的なお給料は多くなることもよくあります

 

フリーランス、SOHO

そして最後に、独立してフリーランスとなった場合やSOHOで働く場合です。
これは当然ですが、仕事の量によって大きく変わります。

 

先月はすごく儲かったのに、今月は"ゼロ"なんて事もあるかもしれません。
有名デザイナーとして独立すれば、月収が100万円単位なんてこともあります。

 

ただ、リスクがあるため、給与は正社員、派遣社員などよりも高い傾向です。
もう少し給与をあげたいと思っている方は思い切ってチャレンジするのもいいと思います。