【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

詳しい仕事内容

ウェブデザイナーというと、一般にホームページを作る人とだけ認識されています。
しかし実際には、ウェブ制作には様々な仕事があります。
チームとして作業する場合、それぞれの仕事内容に特化した人間が担当します。

 

ここでは、ホームページのデザインに特化した人のことをデザイナーと呼びます。
ウェブデザイナーの具体的な仕事内容は、サイトをデザインすることです。
まず最初に行うのが、サイトの構成とレイアウトです。

 

サイトの構成は、どんな内容のものを作り、どのページに配置するか
サイト全体のおよそのボリュームも決定し、ページの行き来も構成します。

 

レイアウトは、その名の通りページごとの大まかなレイアウトを決定します。
まずは、サイトのトップとなるページを設計します。
ここで、キーとなるビジュアルや、サイト全体のイメージも考えて行きます。

 

レイアウト段階では、細かい装飾の作りこみなどはまだ行いません。
フォトショップやイラストレーターなどで、トップページやコンテンツの一部を
デザイン画の状態で作成します。まだHTML化は行いません。

 

最初にざっとしたレイアウトを作成し、全体のイメージや色合いなどを調整します。
同時に、ユーザーの使いやすさや、見やすさも考えて行きます。

 

この時点で一度、顧客の要望に応えられているか、
ディレクターの構想と外れていないか、などの確認作業も行われます。

 

レイアウトと構成が良ければ、いよいよ完成へ向けて作業の開始です。
大まかなレイアウトに沿って、細かい装飾を作成していきます。

 

同時に、コンテンツの中身となる文章なども作成していきます。
これは、ライターと呼ばれる担当者が作成する場合や、
顧客側が用意したものをもとに、修正を加えたもの、
全てデザイナーが作成する場合など、様々です。

 

デザインや文章の作成と同時に、HTML化する作業をやっていきます。
コーディングと呼ばれる作業は、デザイナーが行う場合が多いです。

 

サイトによっては、プログラムが必要になることもあります。
簡単なものや、ソフトに備え付けのプログラムであれば、
デザイナーがそのまま設置します。

 

複雑なものは、プログラマーが作成する場合がほとんどです。
デザインとプログラムの両方ができるデザイナーは、重宝されます。
さらに、文章も書くことができると、会社には不可欠の人間となります。

 

デザイナーだからと言って、デザインだけに特化しても
なかなか大きく成功することは難しいのがこの業界です。

 

ウェブ制作の仕事内容のうち、複数の作業を担当できるようになると
収入などの面でもランクアップすることができるのです。



 

 

詳しい仕事内容関連ページ

仕事
給料
年収
残業
需要
将来性