【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

大学

今回は、大学でウェブ・デザインを学ぶことについて説明しましょう。

 

大学の特徴

大学でウェブ・デザインを学ぶためには、
当然それに関する授業がある学科を選ばなければいけません。

 

大学で学ぶウェブ・デザインは、大きく2つに分けることができます。

 

ひとつめは、工学系や情報系の大学で学ぶものです。
情報デザイン学科などと呼ばれている場合が多いです。

 

ここでは、デザインももちろん学びますが、
それよりもソフトの扱い方やプログラミングなどに力を入れています。
(それぞれの大学によってカリキュラムは異なります。大まかな分類です)

 

もうひとつは、美術系の大学で学ぶ場合です。
美術系でも、ウェブ制作のための学科を設けている大学はあります。
同じ情報デザイン学科でも、もう少しデザインに重きを置いた授業です。

 

またウェブデザインに限らず、CGグラフィックや映像技術を専攻した
ウェブ・クリエイターもたくさんいます。
デザインに特化することで、大きな個性を発揮することができます。

 

どのような形で学ぶのが良いかは、人それぞれによって異なります。

 

トータルにウェブデザインが出来る人間になりたいのか
デザインに特化して、アーティスティックなウェブ・クリエイターを目指すのか
将来の目標をイメージして、それに合った大学を選びましょう。

 

大学に行ったとしても、大事なのは...

そして、ここからが最も重要なことなのですが、
ウェブ制作会社の人事担当は、学歴の部分は参考程度にしか目を通しません。

 

この世界は、実力が全て、制作物が全てです。
ほとんどの場合、持ち込まれたサンプルやポートフォリオで人選します。

 

ですから、無理をしてまで大学に行く必要は、本当はありません。
それでも"大卒"という肩書きは、決して小さいものではありません。

 

面接には関係がなくとも、その後の給料に差が出る場合があります。
とくに大手企業ではそれが顕著です。
それに、4年という学習期間は、他に無い大きなアドバンテージとも言えます。

 

筆者は、ウェブ制作とは全く関係の無い学部出身ですが、
こうして今も実際にプロとして働いています。

 

実際の話、高校や専門学校卒の人たちよりも、上層部の人間の受けは良いです。
もちろん現場の人間にはそんなものは全く関係ありませんが。

 

少しいやらしい話ですが、正直なところ大学は出ておいた方が
後々色々と無駄な苦労をせずにすむこともあるのが現実です。