【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

志望動機を考える

ウェブデザイナーになるために求人を探し始めたら、まず志望動機を考えましょう。
これは、面接や履歴書に書くためのものではありません。

 

web制作会社の場合、採用に志望動機が関わることはまずありません。
面接で、志望動機などを全く聞かれない場合すらあります。

 

ここでの志望動機は「自分が何故ウェブデザイナーになりたいのか」
それを見つめ直すためです。

 

それと同時に、具体的にどのような会社に行きたいのか。
それをきちんと考えることが、数多くある求人の中から
本当に必要とするものを選び出すヒントになるからです。

 

たとえば、自分はどんな場所で働きたいのか?
今ある自分の家から近い方が良いのか?
より多くの、やりがいのある仕事を求めて、都心近くで働くのか?

 

お給料はどれくらい欲しいのか?
将来に向けて、福利厚生が必要なのか?

 

などなど、自分が求めている条件がしっかりとまとまっていれば
それだけ求人の絞り込みが簡単になります。

 

自分の求めるものや、ウェブデザイナーになりたい理由がわかっていれば
履歴書の志望動機欄も簡単に埋めることができますね。

 

「御社の社風が・・・・」とか「御社の事業内容に・・・・・」とか
一般の会社面接にありきたりな志望動機を出しても
web制作の人達は「ふうん・・・」くらいにしか感じません。

 

自分がどれだけウェブデザインの仕事をやりたいのか。
具体的にどのような条件を求めているのか、
正直に自分の気持ちを話すことが、良い志望動機になるのです。