【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

在宅

ここまで、働く場所について説明してきました。
その中で「ウェブ・デザインに働く場所は関係ない」ということも話ましたね。
つまり自分の家であろうとも、そこは十分に働く場所となり得るということです。

 

今回は、在宅で働くことについて説明しましょう。
在宅で働くとなると、真っ先に思い浮かぶのがSOHOやフリーランスですね。
しかし、会社に所属したままでも、在宅で働いているデザイナーはいます。

 

何度も言うように、ウェブ・デザインに働く場所は関係ありません。
「きちんと仕事をこなしてくれるのであれば、どこで作業してもかまわない」
と考える会社もあります。

 

会社としても、デザイナーが在宅で作業をすれば、
大きなオフィスを借りたり、作業に必要なパソコンを用意する必要もありません。
ですから、コストの削減にもつながるのです。

 

専属契約という形でデザイナーが確保できていれば、
安定して仕事を進めることができますし、
デザイナーも継続して仕事を得ることができます。

 

また、出産や子育てのために自宅にいながらでも仕事ができるので、
そういった人たちが在宅で仕事をすることも多くなっています。

 

在宅のメリットは、何と言っても自分の家で作業ができるということです。
通勤に時間をかける必要が無いので、その分を仕事やほかの事に使えます。

 

ただし「好きな時間に仕事ができる」と思っている人もいますが、それは間違いです。
在宅での作業とは言え、全ての作業をひとりで行うわけではありません。

 

顧客とのやりとりや、仕事を発注する側の人とのやりとりもあります。
そういったやりとりは、必ず相手に合わせて行われます。
普段からその時間に合わせた作業をしていないと、思わぬミスも生じます。

 

また「いつでもいいから」と自堕落な作業をしていたら、効率も悪いですし
作業ペースも狂ってしまします。

 

そういう点からも、在宅での仕事は会社で働くよりも
より厳しいスケジュール管理が必要となるのです。



 

 

在宅関連ページ

名古屋
大阪
福岡
沖縄