【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

沖縄

今回は、沖縄で働くことについて説明しましょう。

 

沖縄は、東京やその他の大都市と比べると、人口が圧倒的に少ないです。
ですから必然的に、仕事の絶対量も少なくなります。
しかし現に、沖縄在住のウェブ・デザイナーは多く存在します。

 

それならなぜ沖縄で働くことができるのでしょうか?
それは何よりも、ウェブ・デザインという仕事の特性によります。

 

まず、データでのやり取りを主とするwebデザインの仕事に、
場所の良し悪しは関係ありません。

 

デザインに関する相談や提案は、電話やメールで十分にやりとりができます。
その上で、どうしても細かい部分を詰める必要ができたときだけ、
直接顧客のもとにおもむけば良いのです。

 

沖縄で仕事を得ることができなくても、他の場所で仕事を得ることができれば
何の問題もなく仕事を進めることができるのです。

 

沖縄で活躍するウェブデザイナーは、フリーランスとなった人が多いです。
それも、十分に経験を積んで、一流となったデザイナー達です。

 

フリーランスの人間は、自分で仕事を取ってこなければいけません。
ある程度仕事のつてがある人や、技術・知名度共に優れた人でないと
生き残ることはできません。

 

裏を返せば、そのように比較的楽に仕事を得ることができる人ならば、
どこに住んでいようと不自由することは無いのです。

 

悠々と沖縄で暮らしながら、デザイナーとして一流の仕事をこなす。
そんな姿に憧れてしまいますね。

 

沖縄では、新規の求人もりますが、フリーランスや個人事務所のような
小さなデザイン会社が多いので、メインのデザイナーとしてよりも、
ちょっとしたお手伝いのバイトさん感覚の求人が多いのが特徴です。

 

多少険しい道のりになりますが、スタートはそこからでも、
一流のデザイナーになることは可能です。
沖縄に住んでみたい!!と思っている人はそんな働き方も良いでしょう。



 

 

沖縄関連ページ

名古屋
大阪
福岡
在宅