【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

スキル

webデザイナーになるために、最低限必要なものは何でしょうか?

 

webコンテンツ製作というのは、ホームページの作成だけではありません。
映像や音楽、ゲームなどのインタラクティブなコンテンツ。
最近では、携帯関連やスマートフォン向けのコンテンツ制作も含まれています。

 

それら全てに必要なスキルをあげていってはキリがありません。
今回はwebデザイナーとしてスタートするために最低限必要なスキルを紹介します。

 

まず、何はなくとも必要となるのが「html」の知識です。
最近では、オーサリングツールなどを使ってHTMLタグには一切触れずに
デザインを完了する場合もあります。

 

しかし、それでも一番の基本となるHTMLの知識は持っていなければいけません。
全てのタグを暗記とまでは言わなくとも、ごく簡単なホームページぐらいなら、
テキストエディタだけで作れるくらいのスキルは必要です。

 

もうひとつ必須となるのが「CSS」(Cascading Style Sheets)です。
シー・エス・エス、もしくはカスケーディング・スタイルシートと読みます。

 

現在のwebデザインにおいて、スタイルシートの存在は必要不可欠となっています。
これも、ひととおり基本的なことは覚えておきましょう。

 

さらには、JavaScript,PHP...などのプログラム技術も必要となります。
たいていの場合、webデザインの現場にはプログラム専門のクリエイターがいます。

 

しかし、自分がプログラムを行う立場になかったとしても、
最低限プログラムを読めば、なんとなくどんなことが書いてあるのか
理解できるくらいにはなっておきましょう。

 

この他にも実際にデザインをするときに使用する、各種ソフトのスキルも必須です。
これについては、別の項で詳しく紹介します。

 

また最初に述べたように、webコンテンツには様々な形があります。
音楽や映像、ゲーム制作力など、独自のスキルを持っていると
仕事の幅も広がり、会社や顧客からも重宝されるようになります。

 

そして意外と知られていないのですが、
webデザイナーにはコミュニケーション能力も大いに必要とされます。

 

将来的にフリーでやって行きたいと思っている人は、
顧客とのコミュニケーションは全て自分で行わなければならないので
当然必要となるスキルです。

 

企業に属して働く場合でも、チーム内のメンバーとスムーズなやりとりをしたり
顧客のニーズをより良く引き出して反映させるためにも、必要となるスキルです。
特に、ディレクションをする立場になった人には必須となります。

 

「コミュニケーション能力を身につける」
これが、webデザイナーとして、成功するための大きなコツです。



 

 

スキル関連ページ

ソフト
検定
資格
パソコン