【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

資格

Webデザインに関する検定が必要ないのであれば、
履歴書の資格の欄には何が書いてあると有利なのでしょうか?
実際に現場で働く人間が履歴書を見て「おっ」と思う資格はいくつかあります。

 

まず、これがあると無いのでは大違いという資格があります。
ひとつは、Adobe社が提唱するイラストレーター(Illustrator)と
フォトショップ(Photoshop)の資格です。

 

この2つのソフトは、webデザインにおいて必須のソフトです。
正直、これが使えないと、Webデザイナーとして仕事することはむずかしいので、
一度、しっかり勉強した方がいいです。

 

イラストレーター、フォトショップ関連の本を買ってきて独学で勉強してもいいですが、
Webデザイナーのベースとなるツールなので、
専門の講座などで、しっかり基礎から応用まで学んだ方がいい部分です。

 

それから、色彩検定やカラーコーディネーターの資格など、
デザインに関連した資格があると、面接での受けが良くなります。
デザインに関する基本的な知識を備えているという証明になるからですね。

 

そして、これは意外と知られていないのですが、
裏技的な資格として、Microsoftのエクセルやワードの資格があります。

 

エクセルやワードなんて、web制作に使わないんじゃないの?
と思われる方がほとんどでしょう。

 

実際、webの制作にこれらのソフトは一切必要ありません。
しかし、顧客が主に使用しているソフトは、ほとんどがこの2つのソフトです。

 

必然的に、顧客が用意する資料や、データのやりとりなどは、
これらのフォーマットに合わせることが多くなります。

 

そして、web制作側でこの2つのソフトが使いこなせる人間が案外少ない。
という事実があります。

 

実際の制作には使いませんが、エクセルとワードの資格があると、
「おっ、こいつは便利な人材だな」となります。

 

もちろん、採用・不採用を決定づけるのは、結局は提出する作品です。
資格や検定などは、あくまでも書類選考や面接を有利に進めるための
補助的なものだと認識しておきましょう。

 

そういった意味でも、これからウェブデザイナーを目指す場合、
資格よりも、イラストレーター、フォトショップのスキルをしっかり身につけた方が、

断然いいですし、ウェブデザイナーになれる近道だと思います。

 

いまは、専門の講座もいろいろありますので、
一度、資料請求で講座内容をチェックしてみるといいでしょう。

 

イラストレーター(Illustrator)、フォトショップ(Photoshop)の講座をチェック



 

 

資格関連ページ

スキル
ソフト
検定
パソコン