【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

作品を残す

webデザイナーになってからも、常に自分の技術やセンスを磨き続けることは
とても大事なことです。
それに関連して「自分の作品を残す」ということもやっておきたい事の一つです。

 

webデザインの仕事は、顧客からの依頼があってこそのものです。
必ずしも作りたいものを好きに作れることはありません。

 

顧客のニーズに合わせて、単純でつまらないものや画一的なデザイン。
どこかで見たようなデザイン。無難で誰からも好かれるようなデザイン。
そのような、当たり障りの無いものが作業の大半を占めることもあります。

 

技術的にも、とくに新しいものや難しいものを必要とせず、
チームで作業を行う場合がほとんどなので、
仕事を通して技術を伸ばすことはあまりありません。

 

どこかで、自分の全力を投入して作り出すことをしなければ
技術やセンスの向上は見込めません。

 

逆に、センスや技術など、自分の今もっている全力を尽くして、
好きなものを、自分ひとりの力で作り上げる作品は、
自身の成長に大きなプラスとなります。

 

作品と呼べるものは様々あります。
まずは、自分が最も得意とするものを作るのが良いでしょう。

 

デザインをメインに活動する人は、絵画やCGイラスト。
音楽や映像をメインにする人は、楽曲やミニ・ムービーを作っても良いでしょう。

 

これらは、趣味の範囲でもかまいません。
また、無理に仕事と隔離させる必要もありませんが、
自分の好きに作品づくりができる自由度が必要です。

 

そして作品づくりにとって大事なことは、それを発表し第三者に見せることです。
これは、ブログやホームページのような場所で発表するだけでもかまいません。

 

何よりも「胸を張って他者に見せることができる作品を作る」ことが大事なのです。
それによって、感想や批評などが得られれば、より自分の成長につながるのです。