【スポンサードリンク】

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

派遣

webデザインにおいて、派遣社員という形で仕事をしている人も多いです。
即戦力が求められる派遣社員は、経験者が条件となります。

 

ただし、アルバイトとして働いていた実績があるのならば
十分に派遣として登録してもらえる資格があります。

 

アルバイトと派遣社員の大きな違いは、福利厚生があることです。
厚生年金や有給休暇があるというのは、精神的にも安定できます。

 

また、アルバイトに比べて、給料が高いです。
そして、契約条件にもよりますが、たいていの場合は、残業代が出ることです。

 

経験者ならば分かると思いますが、
この「残業代が出る」というのは、実は非常に大きいポイントです。

 

本当はいけないことなのかもしれませんが、現実問題として
社員になると、残業代がもらえないような会社もあります。

 

ですから、基本給と残業代を合わせると、
正社員よりもかなり多くの金額を得ることも可能です。

 

デメリットとしては、簡単に首を切られてしまう恐れがあるということです。
会社によっては、プロジェクトごとに派遣社員が入れ替わる場合もあります。

 

そのため、将来性に少し不安があります。
しかし、これはアルバイトの時も同じです。
また、今のご時世では、正社員でもいつ職を失うかは分かりません。

 

逆に言うと、より良い条件を求めた転職も身が軽い分だけ容易となるとも言えます。

 

とりあえず、アルバイトからステップアップしたい人や
正社員登用までの足掛けとして派遣に登録している人もいます。

 

また、派遣先の会社にとって必要だと思われる人材になれば
そのまま正社員として契約してもらえる場合も多いです。

 

派遣として働くのならば「会社に使われる」のではなく、
「こちらが会社を選んでいる」ぐらいの強い気持ちが必要です。