就職のかたち

webデザイナーの就職の形はひとつではありません。正社員やアルバイト、派遣社員、契約社員など、様々な雇用形態があります。また、独立してフリーランスやSOHOとして活躍しているデザイナーも多くいます。ここでは、webデザイナーとして働く様々なかたちを紹介します。それぞれのメリットやデメリットなどを説明していきます。

 

就職のかたち記事一覧

webデザインの業界は、実力勝負の世界です。求人も、即戦力を求めていることが多いです。ですから、未経験が前提の新卒者を募集している会社は他の業種に比べると、あまり多くはありません。学生時代にweb制作会社にアルバイトとして働いていたなら、経験者として応募することもできます。Webデザインを専門的に教える学校やデザイン関連の学校に通っていたならば、受かる確率も上がります。webデザインに関する経験が...

webデザインにおいて、派遣社員という形で仕事をしている人も多いです。即戦力が求められる派遣社員は、経験者が条件となります。ただし、アルバイトとして働いていた実績があるのならば十分に派遣として登録してもらえる資格があります。アルバイトと派遣社員の大きな違いは、福利厚生があることです。厚生年金や有給休暇があるというのは、精神的にも安定できます。また、アルバイトに比べて、給料が高いです。そして、契約条...

アルバイトは、実はwebデザイナーになる一番の近道なのです。現在プロとして働いている人の多くの人は、アルバイトからスタートしています。かく言う筆者も、最初はアルバイトからの出発でした。未経験のアルバイトは、最初は何もさせてもらえません。何もしたことが無いのですから当然です。仕事の内容はコピーや買い出しなど、雑用ばかりです。しかし、ただその仕事を黙々と続けているだけでは何の成長にもなりません。少しで...

将来、webデザイナーになりたいと思っている人で、その先にフリーランスのデザイナーとして独立したいと思っている人も多いと思います。業務の性質上、webデザインは全て1人で完成させることも可能です。ですから、フリーランスとして独立してやって行くことも他の業種よりも比較的簡単にできます。では、フリーランスとしてやって行くために最も必要なことは何でしょうか?それは"営業力"です。これからwebデザイナー...

SOHO(ソーホー)は、Small Office Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)の略語です。その名のとおり、小さな一室を借りたり、自宅をオフィスとして仕事を行うことです。もちろん、1人で仕事を行うフリーランスも含まれますが、SOHOは少数の人数で組んで仕事をしている場合もあります。完全に1人で仕事を行うよりも、何人かで仕事を分けて行うことで、それぞれ得意なことを受け持つ...