【スポンサードリンク】  -  

Webデザイナー、ITエンジニアの就職はマイナビ

残業

これからウェブデザイナーになりたい人で心配に思っていることのひとつに

「ウェブデザインの仕事は、残業がどのくらいあるのか?」というのがありますね。


これは、ウェブ・デザイナーに憧れる人なら誰でもが抱いている不安です。

そして、全てのウェブ・デザイナーの持つ答えは

「残業はあります。1時間や2時間の残業は当たりまえ」です。


納品前になれば、徹夜や泊り込みなどは当たり前の世界です。

2時間程度の残業で帰ることができたなら「今日は早かったな」

なんて思ってしまうほどです。


これはもう、ウェブデザインという仕事を選んだからには避けては通れません。

残業が増えてしまう理由のひとつに、仕事の特性があげられます。


デザインと言う仕事は、突き詰めてしまえば、どこまでも終わりが無い作業です。

どこかで納得して「ここまでだ」と自分で思い切らなければ、終わりがありません。

デザインに拘るほど、より完璧な形を目指すほど、残業時間は増えてしまいます。


あなたがウェブ制作会社に面接に行った時には、100%間違いなく

「残業はできますか?」と聞かれます。


そこで「残業はできません」と答えてしまったら、まずその会社には採用されません。

少なくとも筆者の会社では、絶対に受かりません。


どうしても残業がしたくない・できないのであれば、

ウェブ・デザイナーの道は諦めて、他の職種を選んでください。


また契約内容によっては、日給という形で残業代を全く出さない会社もあります。

これは労働基準法的に難しいところなのですが、実際にそういう会社は存在します。


面接のときには、残業代が出るかどうかきちんと確かめる必要があります。

もし、残業代が出ないようならば、そんな会社は選ぶべきではありません。


それでも「どうしてもその会社しか無い、何としてもウェブ・デザイナーになりたい」

というのであれば、それは本人の自由ですが、おすすめはできません。

ある程度経験を積んだら、すぐにでも転職することをおすすめします。

 

【スポンサードリンク】



webデザイナーとは? 関連ページ

プロフィール
自己紹介
現役Webデザイナーのミヤマです。
Webデザイナーは、『楽じゃないけど、 すごくやりがいのある仕事』です。 このサイトを通じて、1人でも同じやりがい、喜びを感じてくれるデザイナーが 誕生することを願っています。