【スポンサードリンク】  -  

転職する

webデザイナーには、転職する人がとても多いです。

転職の最大の理由は、お給料や賞与などの条件面に対する不満です。

今よりも、より高い条件を求めて転職する場合も含まれます。


webデザインは、個人ではなくチームで作る場合が多いです。

そのため、個人の力が評価されにくいという側面もあります。


そのために、条件面(主に給料)の改善を求めて転職することが多くなります。


現実的な問題として、我慢して条件の悪い今の会社で続けるよりも、

即座に条件の良い会社に転職してしまった方が手っ取り早いのです。


webデザイナーの求人も経験者を優遇するものが多いです。

ですから、ちょっと探せば今よりも条件の良い職場は簡単にみつかります。

比較的簡単に転職が出来るというのも、転職が多くなる要因のひとつです。


なお、損をしない転職で大事なのが、ちゃんと専門の転職エージェントを利用するということです。

転職エージェントとは、転職希望者に給与・待遇などの希望を聞いて、

無料で、その人にあった会社を紹介してくれるサービスです。


転職コンシェルジュなど、転職の専門家が転職のサポートをしてくれますし、

あなたと面談をした上で紹介をするので、自分の要望に合った求人が見つかりやすいのが特徴です。


Web系の転職サイトでいま人気が高いのが、マイナビです。


マイナビは転職者向けの案件が多く、条件の良い非公開求人を豊富に抱えているので、

いまよりもっといい会社で働きたいと考えている人にはオススメです。


非公開求人は普通の求人誌などでは紹介されていませんし、

企業人事担当との交流の中で収集した生の情報(オフィスの雰囲気、職場環境など)

教えてくれたりするので、登録しておいて損はないでしょう。

 

 

また、ある程度webデザイナーとしての経験を積むと、

会社からディレクションやプロデュースの仕事に回されることが多いです。


たいていは、昇給や条件アップなどとセットになるのですが、

実作業からは遠のくことになります。


これは会社側からすれば、仕方が無いことなのです。

ディレクションやプロデュースなど、トータルに仕事の全てを見ることは

ある程度制作の経験が無いとできないものだからです。


しかし実際の作業から離れてしまうと、最新の技術に疎くなってしまいます。

web関連の技術の変化のスピードは非常に速いので、

2年も現場から離れてしまうと、かなり厳しくなってしまいます。


管理者でなく、現場の人間として働き続けたいのならば

転職して新たな職場を探すか、独立して自分で仕切るようになるしかありません。

そういったことも、転職が多い要因のひとつとなっています。

 

 

【スポンサードリンク】



クリエイターになってから 関連ページ

プロフィール
自己紹介
現役Webデザイナーのミヤマです。
Webデザイナーは、『楽じゃないけど、 すごくやりがいのある仕事』です。 このサイトを通じて、1人でも同じやりがい、喜びを感じてくれるデザイナーが 誕生することを願っています。