【スポンサードリンク】  -  

無料転職支援サービスに登録で、面接対策などあなたの就職をサポート

新卒

webデザインの業界は、実力勝負の世界です。

求人も、即戦力を求めていることが多いです。


ですから、未経験が前提の新卒者を募集している会社は

他の業種に比べると、あまり多くはありません。


学生時代にweb制作会社にアルバイトとして働いていたなら、

経験者として応募することもできます。


Webデザインを専門的に教える学校や

デザイン関連の学校に通っていたならば、受かる確率も上がります。


webデザインに関する経験が無くて、全くのゼロからのスタートの場合

新卒として、最初から正社員として働くのは難しいのが現状です。


実は筆者も、学生時代は全く関係のないことを学んでいました。

パソコンにもほとんど触れたことがありませんでした。


ですから、卒業後最初にweb制作会社に入ったときは、

アルバイトとしてのスタートでした。


ただし、web制作は実力重視の世界です。

筆者は、入社後半年で社員として契約することになりました。


新卒から正社員として働くことは難しくとも、

その後の努力次第では、すぐにでも正社員としての道が開けているのです。


もちろんゼロからのスタートですから、かなりの努力は必要になります。

それでも、実際に仕事をしながら、プロの仕事を目の前にしながら

仕事を覚えることが出来るので、ぐんぐん上達することができます。


新卒で採用されることが無いからといって、簡単に諦めたりせず、

まずは、どんな形でも良いから、会社に勤めることを目指しましょう。

 

【スポンサードリンク】



就職のかたち 関連ページ

プロフィール
自己紹介
現役Webデザイナーのミヤマです。
Webデザイナーは、『楽じゃないけど、 すごくやりがいのある仕事』です。 このサイトを通じて、1人でも同じやりがい、喜びを感じてくれるデザイナーが 誕生することを願っています。