無料転職支援サービスに登録で、面接対策などあなたの就職をサポート

◆就職のかたち◆

webデザイナーの就職の形はひとつではありません。正社員やアルバイト、派遣社員、契約社員など、様々な雇用形態があります。また、独立してフリーランスやSOHOとして活躍しているデザイナーも多くいます。ここでは、webデザイナーとして働く様々なかたちを紹介します。それぞれのメリットやデメリットなどを説明していきます。

新卒

webデザインの業界は、実力勝負の世界です。 求人も、即戦力を求めていることが多いです。 ですから、未経験が前提の新卒者を募集している会社は 他の業種に比べると、あまり多くはありません。 学生時代にw...
新卒の続きを読む。

派遣

webデザインにおいて、派遣社員という形で仕事をしている人も多いです。 即戦力が求められる派遣社員は、経験者が条件となります。 ただし、アルバイトとして働いていた実績があるのならば 十分に派遣として登...
派遣の続きを読む。

アルバイト

アルバイトは、実はwebデザイナーになる一番の近道なのです。 現在プロとして働いている人の多くの人は、アルバイトからスタートしています。 かく言う筆者も、最初はアルバイトからの出発でした。 未経験のア...
アルバイトの続きを読む。

フリーランス

将来、webデザイナーになりたいと思っている人で、その先に フリーランスのデザイナーとして独立したいと思っている人も多いと思います。 業務の性質上、webデザインは全て1人で完成させることも可能です。...
フリーランスの続きを読む。

SOHO

SOHO(ソーホー)は、Small Office Home Office (スモールオフィス・ホームオフィス)の略語です。 その名のとおり、小さな一室を借りたり、自宅をオフィスとして 仕事を行うことで...
SOHOの続きを読む。